意外と知らないことが多い事故車買取!事故車買取で役立つミニ知識を紹介します

こちらのサイトは、事故歴を持つ車両を売却するとき役立つミニ知識を分かりやすくご紹介しています。
事故といっても車両が大破してしまったものはスクラップにしなければなりませんが、ガードレールにぶつけて大きな凹みが生じたなどのような状態なら売ることは可能です。
ここでは、事故歴がない普通の車と事故車ではどのくらい価格が下がるのか、査定を依頼したけれども値段が付かない場合でも無料で引き取ってくれる業者も存在していることを紹介しているので参考にされることをおすすめします。

意外と知らないことが多い事故車買取!事故車買取で役立つミニ知識を紹介します

事故車=スクラップのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
一口に事故車といっても原形をしっかりとどめていて板金修理などで大きな凹みや傷を修理することができる、パーツを交換することで事故歴がない見た目にすることもできます。
ただ、事故歴は記録で残るので買取に出すときには正直に伝えることが重要です。
この履歴は修理によるもので、このような情報があるなどミニ知識として押さえておけば安心して売却できるのはないでしょうか。

事故車買取は自宅まで出張してくれる

交通事故に遭遇してしまうリスクは、車社会の日本に住んでいる限り誰にでもあります。
不幸にも交通事故に巻き込まれてしまい、自分の愛車が事故車になってしまったらどうすればいいのでしょうか。
ちなみにここで言う事故車というのは、車のフレームが歪むなどの甚大なダメージを受けた車両のことをいいます。
このような状態になってしまった車は、まっすぐに走らないなど、走行に重大な支障が出る可能性もあり、公道を走行するのは危険です。
水没した車も同様で、電気系統がいかれていてショートして火災などを起す危険性があるので、運転しない方が無難です。
しかし、車を運転できないとなると、処分に困ってしまいます。
そんな時は、事故車買取専門のショップに査定を依頼するのも一法です。
そのようなショップでは、自宅までスタッフが出張してくれて、査定を行ってくれます。
提示された査定額に納得ができたら、その場で買い取ってもらえますし、車両も運んでいってくれるので助かります。

事故車買取は動かない車も対応可能

事故によって壊れてしまい、動かすことができなくなってしまった車両を自宅などに仕方なく保管しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
普通に動かすことができ、自動車としての価値が残っている車両と比較すると、事故車となったために動かない車には価値がなく、買取も不可能だと思ってしまうことも当然です。
その場合には費用を払って処分をしてしまうしか方法がないものと考えてしまいがちではありますが、実は事故車であっても専門の会社であれば適正な価格での買取を可能としているケースもあります。
動かない車には価値がまったくないわけではなく、まだ使用できる部品や無傷のパーツなどは交換用としての需要が豊富にあるといったケースも少なくありません。
したがって、無価値であるかのように思われている事故車でも、適切な査定価格が提示される可能性があるということになります。
ぜひ事故車を保管しているという方は、専門の会社に査定を依頼してみることがおすすめです。

何年も放置している事故車でも買取OKのお店は多い

たまに街を出歩いていると、ふと車庫に目がいきます。
そんな時、何年も乗っていないんだろうなと感じられる車を見かける事があります。
乗らなくなる理由は人それぞれで、免許を返納したからや健康の為に出歩く時は歩いたり、自転車に乗るようになりましたとお話を聞くことがあります。
そのまま放置してしまい、劣化した車。
不良品扱いで引き取ってもらうにもお金がかかると思ったりしておりませんか?そんなことありません!放置していても、エンジン部品がまだ生きていたり、パーツとして価値があるものも多く存在するので、不用品だからといって家の車庫に置いておくのはとてももったいないです。
そのまま寝かせておくつもりなら中古車販売店など、買取をしてくれる業者は沢山あるので連絡をしてみて下さい。
また、事故車でも同様で買取をしてくれるパターンもあります。
事故車だから、どうせ乗り手もいないだろうと思っている方も是非、一度最寄りの中古車販売店に連絡してみてください。

事故車買取を依頼する時に必要な書類とは?

事故車の買取を業者に依頼するときに必ず用意しなければならない書類は、事故車の自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書、車税の納税証明書、預託証明書(リサイクル券)、印鑑登録証明書です。
ほとんどの書類は車内に保管されているはずなので、それをそのまま業者に渡せば問題ありません。
もし、紛失が発覚したら、買取を依頼する前にすみやかに再発行の手続きをとるようにしましょう。
印鑑登録証明書は役場で発行すれば手に入りますが、有効なのは発行から3ヶ月以内のものであることに注意が必要です。
また、車検証に記載されている住所と現在住んでいる場所が異なる場合は、転居した回数に応じて住民票の写しや戸籍の附票が必要になります。
結婚や離婚などで姓が変わった場合は、それがわかる戸籍関係の証明書も提出することになるので、準備しておきましょう。
事故車を買い取ってもらう際に提出するものは、取引完了後に業者側で名義変更手続きをするときに利用されます。
名義変更手続きでは上記で述べたものに加え、譲渡証明書や委任状が必要ですが、業者側でつくった雛形に売主が記名押印をして作成するので、売主が自ら準備する必要はありません。

事故車でもタイヤホイールやバッテリーなどが無事であれば高価買取が期待できる

事故車と言ってもその状態はさまざまで、完全に車両火災などで燃え尽きてしまったなどの極端な場合を除くと、破損した部分と無事な部分にわかれるものです。
特に軽微な事故などであれば、外装のパーツが壊れただけであったり前方のドアやバンパーがへこんでいるだけであったりと、状態として特に問題が見当たらないほどの破損といったケースも見られます。
事故車買取は、そのような破損していない無事なパーツに価値をしっかりと見出して、適正な査定額を提示してくれることができるとても頼もしい存在です。
もちろん、ぶつけてしまって車両本体の破損が大きな場合でも、バッテリーなどの重要な部品やタイヤホイールなどの比較的高価なパーツが無傷のまま残されているケースも多いものです。
処分をすると逆に費用負担が発生するバッテリーやホイールも、まだ使用可能であればきちんと価値が示されて買取も可能となります。
そのようなことからも、事故車の査定を専門に行っている店舗に連絡をして正しい査定を受けるようにしてください。

事故車や水没車は買取時にどのような影響が出る?

事故車や水没車は買取の時に確実に影響が出ます。
過去に事故を起こした車でも見た目にはそれほど傷が無く影響がないように見える事もありますが、実は内部では損傷が大きくあまり長く使えない場合も多いのです。
査定の時には値下がりする可能性が高いでしょう。
また、水没車の場合も見た目にはそれほど損傷が無い場合もありますが、機器の部分に水が付着してしまうと錆びてしまい、後に影響を及ぼす事もあります。
ですのでこちらも事故車と同じ扱いで値下がりするでしょう。
場合によっては買い取り不可になることも珍しくはありません。
しかしこのような問題のある車でも買取してくれるところがあるので、諦めずに査定に出してください。
事故車であることを自己申告をすると査定額が下がるからと言って黙っておくのはやめてください、必ずスタッフによってバレてしまいます。
嘘をつくと心象が悪くなり、普通よりも丹念にチェックをされ、自己申告していた場合よりも額が下がる事もあるので注意しましょう。

ディーラーの下取りと事故車買取はどちらがお得?

事故車は車の状態やディーラーと事故車買取業者にもよりますが、多くの場合業者のほうが高く買い取ってもらえます。
その理由として、ディーラーは自動車を買い取った後に修理をして保証をつけて販売するか、売れなさそうな車はオークションに出すしかないからです。
保証をつけるためには、まず事故をした箇所の板金修理や部品の交換と、1~2時間程度の修理、最後に検査が必要です。
その時間を他の顧客の点検や修理に使ったほうが利益が出ると考えられるなら、オークションに出すでしょう。
つまり、次の顧客に納車するまでに、多くのリソースを使うためほとんど利益が出ない可能性があるのです。
買取業者は、売られた事故車を走行可能には当然しますが、「事故車」として安く売ります。
その車を欲しいと言った顧客に、どこまで修理を行うか商談することもあります。
現状渡しという場合もありますので、安くとにかく車が欲しいという人の需要に応えることができます。

買取相場より高く売るなら複数の事故車買取業者に査定してもらうべき

事故を起こした乗用車やトラックを処分する場合には、専門の会社から廃棄費用を請求されることもあります。
しかし事故車や不動車にも対応した中古車会社であれば、かなり高い金額で買い取ることが可能です。
緊急に事故車を処分したいときには、地元の中古車会社に買取査定を依頼するのが一般的です。
けれども会社によって査定額が異なるので、時間に余裕があるときには数社程度に見積もってもらうべきです。
事前に買取相場を調べたうえで一括査定サイトを活用すると、高く買い取ってくれる中古車会社を短時間で見つけられます。
ところが高値査定が可能な会社でも、時期によって買取額が変わることも多いです。
したがって事故車を売る場合には、様々な方法を活用して情報収集をするのが望ましいです。
修理用のパーツへのニーズが根強い車種は、時期を問わずに高値で現金化できます。
査定を強化している車種情報をチェックすると、処分に困っているトラックなども高く売れます。

事故車買取で減額されるポイントとは?

事故車と聞いて皆様なにを想像しますか?ぐちゃぐちゃになった車体。
エンジンがかからなくなり、そもそも乗り物とし て使えない。
ボロボロな状態を想像される方が多くいるのでは無いでしょうか? 結論から言わせて頂くと事故もしくは他の理由で車の骨格部分に損傷がある車を事故車として扱われてしまいます。
それだけで?と思われるかと思いますが、意外と厳しいです。
その中でも、今回は事故車買取でマイナスされてしまうポイントをご紹介致します。
まずは、軽い凹みや傷など。
こちらはワンタッチ修理等と宣伝して1万円から修理してくれたりする所もあるので、そちらにお願いして直してもらえれば、減額はされずに済む事もあるそうです。
車種や型式によって左右されますが、フレーム部分が事故で損傷した場合は30万円ほど価値が下がってしまう場合があります。
修理に出したとしても、プロの目は誤魔化せないので、素直にそのまま査定に出すことがオススメです!

事故車,買取に関する情報サイト
事故車買取のミニ知識

こちらのサイトは、事故歴を持つ車両を売却するとき役立つミニ知識を分かりやすくご紹介しています。事故といっても車両が大破してしまったものはスクラップにしなければなりませんが、ガードレールにぶつけて大きな凹みが生じたなどのような状態なら売ることは可能です。ここでは、事故歴がない普通の車と事故車ではどのくらい価格が下がるのか、査定を依頼したけれども値段が付かない場合でも無料で引き取ってくれる業者も存在していることを紹介しているので参考にされることをおすすめします。

Search